エステに通っただけでは痩せることはできません!

4週間のCUTEMEダイエットで最大-4.2㎏達成





EAT ME!は毎日飲むだけ!だから・・・毎日続けられる!
効果に自信があるから全額返金保証付きのEATME!
4週間のCUTEMEダイエットで最大-4.2㎏達成

飲むだけでスッキリ落ちるダイエットサポートサプリ EAT MEの詳細はコチラ 飲むだけで痩せる


ダイエットとセルライトの関係

ダイエットを成功させために、無視できないのがセルライトの存在です。
セルライトとは新陳代謝の低下や血行不良が原因で脂肪が固まってできた皮膚表面のでこぼこのことです。

 

セルライトの温度は周りより低く、運動やダイエットをして体重を落としても、セルライトは改善されず、リバウンドの原因ともいわれています

 

セルライトは個人では除去しにくいため、エステが有効になってきます。
各エステともそれぞれ独自に研究しているので、いくつかの体験エステを試して比較してみるのもよいと思います。

痩せるためには規則正しい生活は大切

規則正しい生活はあらゆる面で大切と言われますが、ダイエットにとっても例外ではありません。

 

生活の基本となる、食事・睡眠・排泄のリズムを整えると、体のリズムができてきます。

 

自分の体にとって理想的なリズムをつかんで、毎日同じ生活習慣を保てるよう努力していくと、次第に基礎代謝や体温が整ってくるので血液やリンパの巡りも良くなります。

 

体内時計という言葉を聞いたことがあると思いますが、この体内時計を本来のリズムに戻しただけで、2~3キロは何もしなくても痩せる事ができるという実験データもあるようです。

 

逆に、夜更かしや不規則な食生活、バラバラな生活時間を続けていると、基礎代謝が落ちて太りやすくなってしまいます。

 

それに、便秘、疲れやすい、肌荒れなど、ダイエットにも美容にもありがたくないことばかりが結果として起きてしまいます。

 

まずは、毎日同じ時間に眠って同じ時間に目覚めるという習慣をつけて、睡眠のリズムを整えてみましょう。

 

体内時計をリセットして、体調改善、代謝の向上を目指してください。

痩せやすい身体を作る

痩せやすい身体を作るには代謝を上げることです。

 

基礎代謝を上げるには、筋肉量を増やすことが必要になるので、自分でできる範囲で筋トレを取り入れ筋肉をつけることが基本になります。

 

また、食べたものを消化するにもエネルギーが消費されます。

 

これを「食事誘導性熱代謝」と言いますが、この代謝量を上げるには食べ方の工夫が大切になります。

  • 食事の前には軽くストレッチをして体を動かす
  • なるべく温かいものを食べる
  • 唐辛子や生姜、ネギ、ニンニク、香味野菜を効果的に使う
  • できるだけ原型に近いものを食べる

 

また、朝はしっかりと夜は軽めに食事を摂る事は、食事誘導性熱代謝量を上げるためにも有効です。

 

もちろんスポーツや仕事、家事、通勤、通学など、生活の中でもエネルギーは使われます。

 

この生活活動代謝量を上げるには、少しでも体を動かすことです。

 

さらに、体温を上げるために、白湯や生姜紅茶などの温かい飲み物を飲んだ後の半身浴や足湯も効果的です。

 

たっぷりと水分を取ること、しっかりと眠ることも大切です。

リバウンドしない為に

ダイエットを実施していると、体重が減り今まで摂取していたエネルギーを得ることができない状態になると、脳が飢餓と勘違いをしてしまいます。

 

そして、一定の状態に保とうとして、エネルギーを体内に蓄えようとする働きをします

 

この働きは、人間には誰にでも備わっている生命維持装置のようなもので、それが俗に言うリバウンドです。

 

食事制限を中心にしたダイエットは、リバウンドしやすいのでオススメできません。

 

それならば、野菜中心の食事で満腹感を得るようにし、脂肪になりやすい炭水化物は量を減らしていくことをおすすめします。

 

また、カロリーを考えて食事をとっていても、同じものが多かったり減らしすぎている栄養素があると、それもリバウンドの原因となってしまいます。

 

食事以外にも、短期間に一気に体重を落としすぎてもリバウンドしやすくなってしまいます。

 

運動をしないのも基礎代謝を低下させてしまうので、良くありません。

 

毎日軽めの運動を続けることがリバウンドを防ぐことに繋がります。

筋トレについて

ダイエットの場合、筋トレをすると太りにくくなるけれど、痩せにくくなってしまうと言う事を聞いたことがあります。

 

しかし、実際のところは痩せにくくなる事はないようで、逆に健康的なダイエットを行うためには筋肉を付けなければいけないようです。

 

筋トレをして痩せにくくなる・体重が増えるというのは、筋肉が脂肪よりも重いので、ですから、脂肪が落ちた分、筋肉がつけば、体重も増えるという結果に繋がります。

 

ただし落とした脂肪と同じくらいの筋肉を付ける場合は、ボクサーのようなかなりキツイ筋トレが必要になります。

 

皆さんが普通に行うダイエットの筋トレで、ここまでキツイことをする必要はあまりないと思いますが・・・

 

食事制限だけのダイエットの場合では、体重は減りますが筋力も衰えてしまうので、そうならないためにも、軽めの筋トレをダイエットに取り入れて行った方が良いでしょう。

 

筋トレを行うことで、リバウンド防止や体型維持にも繋がると思います。

 

 

最近では、簡単にできるダイエットが増えていると思いませんか?

 

様々な種類のダイエット法がある中で、計るだけダイエットというダイエット方法をご存知ですか?

 

スマートフォンのアプリにも増えていますが、朝起きてトイレへ行った後と夕食後の1日2回体重を量り記録するというだけのダイエット法です。

 

体重計は、50g単位で計ることができる体重計だといいようです。

 

朝に比べると夜は体重が増えるものですが、1kg以上増えているようであれば、カロリーの摂取量が多かったか運動量が少なかったということになります。

 

もちろん、ただ毎日体重を量って記録するというだけでは、ダイエットは成功しませんが、毎日の体重の変化をみて、食べ過ぎたから明日は気をつけようとか、明日はこれだけの運動をしようなどと考えて取り組むことが必要です。

 

その結果、体重が減っていくことで、さらに頑張ろうという気持ちも起こるはずです。

 

1日2回体重を量り、グラフにしていくだけなので、費用もかからずとても良いダイエット法だと思いませんか?

ダイエット中の間食を控えるにはどうしたらよいか?

間食を控えるには、バランスの取れた食事を取ることが大切です。

 

必要な栄養素がしっかりと取れていれば、あまり空腹を感じることはありません。

 

しかし、栄養のバランスが崩れてしまうと、体が不足している栄養素を欲しがるので、偽物の食欲を余計に感じやすくなってしまいます。

 

食事の際には、食材を多く使ったバランスの良い献立を心がけ、雑穀米などの噛む回数が増える硬い食品を上手に取り入れるようにしましょう。

 

汁ものや粉ものなどの腹持ちの悪い食事よりも、おにぎりやパスタなどの腹持ちの良いものを食べるといいです。

 

そして、お菓子やすぐにつまめるものを目につく場所、手の届く所に置かないことも大切です。

 

あるとついつい食べてしまうものも、なければ我慢できるものです。

 

どうしてもお腹がすいて間食したい時には、思い切って屋外に出て、気分転換するのも良い方法だと思います。

 

それでも我慢できずイライラする時は、ノンカロリーの温かい飲み物を飲んでお腹を落ち着かせるとよいでしょう。

 

痩せる食事のコツ

 

痩せる食事のコツは、まず毎日できるだけ決まった時間に、1日3食バランス良く食べることです。

 

食事の時間が不規則だったり、食事を抜いたりしていては効率よく痩せることはできません。

 

食事の内容は、主食、主菜、副菜、汁物を揃えるようにすると、毎回面倒な献立づくりに頭を悩ませることなく、バランスの取れた食生活ができるようになります。

 

主食は毎日の活動を支えるエネルギー源となる炭水化物で、ご飯やパン、麺類などです。

 

主菜には肉、魚、卵、大豆製品などのたんぱく質が豊富な食材を、副菜や汁物には野菜、きのこ、海草類、根菜など、ビタミンやミネラルが摂れる食材をできるだけたくさんの種類を使うようにしましょう。

 

これに副食として、果物やヨーグルトなんかを取り入れると、必要な栄養素をまんべんなく取れます。

 

1日の中でバランスを考えて、今回の食事で取れなかった食材を次の食事で取るようにするのも、痩せる食事のコツになります。

 

体重計には毎日乗った方が良いか?

体重計には、毎日乗ったほうが良いと言う意見を多くみかけますが、これは個人差が大きいかもしれません。

 

確かに毎日体重計に乗ることで、体重の増減を管理できてダイエットに役立つ人もいると思うし、体重が減っているのを確認できるのでモチベーションを維持できる人もいるでしょう。

 

しかし、少しの体重の増減を気にしてクヨクヨしたり、体重が減らないことがストレスになって挫折してしまったりする性格の人は、1週間に一度計る程度でも良いと言うのが多くの人の意見だそうです。

 

一日の体重の変動はそれほど大きなものではありませんが、食事の前と後では違いがあるし、その日の体調や前日食べたものでも影響されて簡単に増えたり減ったりします。

 

ですから、毎日体重計に乗るのであれば、時間を決めて同じ条件で計ることが大切です。

 

例えば
必ず朝食前に計ってその日の食事を調整するとか、夜、入浴後の体重が安定している時間帯に計るなど、自分が体重管理やモチベーション管理をしやすい条件を決めて体重計に乗るとよいでしょう。

 

中には、全く体重計には乗らないほうが、ストレスが少なくてダイエットに成功しやすいという人もいます。

 

体重計に毎日乗るかどうかは、自分の性格を考えて決めるといいと思います。

有酸素運動を継続するコツ

有酸素運動がダイエットに効果的なのはわかっていても、継続する事は難しいと感じている人も多いと思います。

 

有酸素運動というと、ウォーキングや水泳などのような一見地味な運動というイメージがあり、目に見えて効果があるというものではないので、どうしても途中で挫折してしまう人が多いようです。

 

有酸素運動を続けるコツとしては、楽しみながらちょっとの頑張りでできることを、毎日の生活の中に取り入れることを考えてみてください。

 

例えば、通勤や通学の時に電車やバスを使わずに歩いてみる、遠い場所なら自転車で通ってみるなどがオススメです。

 

片道30分程度の距離ならば、1日1時間の有酸素運動ができることになります。

 

また、主婦の方であれば、家事をする際にできるだけ体をこまめに動かすとか、ウエイトをつけて体に負荷をかけてみるとか、ガーデニングなどの体を動かす趣味に時間を使ってみるなどがあります。

 

もちろん、買い物には歩いて行くようにしましょう。

 

このようにちょっとだけ頑張る、無理はしない方法なら、挫折せずに有酸素運動を続けることができるんじゃないかと思います。