エステのお腹痩せコースなら、確実にお腹痩せできるでしょう

4週間のCUTEMEダイエットで最大-4.2㎏達成





EAT ME!は毎日飲むだけ!だから・・・毎日続けられる!
効果に自信があるから全額返金保証付きのEATME!
4週間のCUTEMEダイエットで最大-4.2㎏達成

飲むだけでスッキリ落ちるダイエットサポートサプリ EAT MEの詳細はコチラ 飲むだけで痩せる


お腹痩せにはエステがいい?

どうしても自力ではお腹痩せできない、多少お金がかかってもいいから短期間でお腹痩せしたいという人には、エステがオススメです。

 

エステのお腹痩せコースなら、確実にお腹痩せできるでしょう。

 

なぜなら、エステのお腹痩せコースでは、最新の機械を使ってお腹の脂肪を燃焼させることができるからです。

 

また、機械をつけて寝ているだけで、腹筋数百回分の効果があるという機械を使うこともあります。

 

それに、エステティシャンのハンドマッサージによる揉み出しも自分ではとてもできませんね。

 

エステで施術を受けた後には、そのお腹痩せ効果を実感できることでしょう。

 

ただし、エステだけに頼っていては、一時的にお腹痩せすることはできても、そのへこんだお腹を維持することはできません。

 

ずっと痩せたお腹をキープするためには、食生活や生活習慣を見直したり、運動したりといったことも必要になってきます。

 

そういった努力もしなければ、せっかく高いお金を払ってエステでお腹痩せしても、あっという間に元に戻ってしまうのです。

お腹痩せにはやっぱり腹筋が効果的?

お腹痩せといえば、腹筋ですよね。

 

腹筋をしてお腹周りの筋肉を鍛えれば、お腹についてしまった脂肪を燃焼させることができます。

 

腹筋は他の筋肉と違って、鍛えれば鍛えるほど引き締まっていくので、男性の場合にはボクサーのようなお腹にすることも可能です。

 

女性の場合にも、平らなお腹、くびれたウエストにできるでしょう。

 

普通の腹筋をひたすらやるのもいいですが、どうせやるなら効果がある方がいいですよね。

 

腹筋には前腹筋、側腹筋、後腹筋と3種類あるので、その3つをバランス良く鍛えることでより効果があります。

 

ただ、毎日コツコツと腹筋を続けたとしても、食べ過ぎては意味がありません。

 

腹筋で燃焼する脂肪を上回るくらい新たに脂肪をつけていたら、いつまで経ってもお腹痩せなんてできないのです。

 

腹筋をするのはもちろん、カロリーの摂り過ぎに気をつけて、栄養バランスのとれた食事をしてください。

 

それに、腹筋だけでなく他の筋肉を鍛えたり、有酸素運動をすることもお腹痩せに繋がります。

 

腹筋の成果はすぐには現れませんから、地道に気長に続けることも大切です。

お腹痩せには、ウォーキングが効果的だといえます

お腹ダイエットのためには腹筋などの筋トレも有効ですが、既についてしまった脂肪を落とすためには有酸素運動をするのがオススメです。

 

有酸素運動で脂肪を燃焼させると、お腹痩せできます。

 

もちろん、ウォーキング以外にも、ジョギングやサイクリング、スイミングなどの有酸素運動をしても、お腹ダイエットできるはずです。

 

でも、最も手軽で続けやすいのがウォーキングでしょう。

 

運動靴さえあれば、すぐにでも始められます。

 

それに、買い物や通勤、通学の際などに、少し歩く距離を増やしてウォーキングすることもできますね。

 

とはいえ、ただ歩けばウォーキングになるわけではありません。

 

正しいやり方でウォーキングしないと、お腹痩せ効果は得られないのです。

 

まず、背筋を伸ばして、両腕を必ず振ります。

 

両腕を振ることで全身運動になりますから、しっかりと振りながら歩いてください。

 

さらに、腰を捻るようにして歩くことで、軽い腹筋運動になります。

 

また、脂肪燃焼効果を高めるためにも、できれば20分以上続けて歩くようにしてください。

呼吸法でお腹が痩せるなんて嘘みたいですが、やり方によっては可能です。

私達は普段、胸式呼吸で呼吸をしていますが、お腹痩せのためには腹式呼吸をする必要があります。

 

腹式呼吸をすることで、インナーマッスルが鍛えられるので、お腹をへこませることができるのです。

 

腹式呼吸をすると、息を吸う時には横隔膜が、吐く時には腹筋が働きます。

 

それに、腸が刺激されますから、便秘解消効果も得られるでしょう。

 

便秘が解消すれば、さらにお腹をへこますことができますし、溜まった毒素が排出されて代謝が上がりますので、お腹痩せにつながります。

 

お腹痩せするための呼吸法のやり方にも色々な方法がありますが、最近では、美木良介さんが開発したロングブレスダイエットがブームになっていますね。

 

それに、鼻から息を吸い、できるだけ時間をかけて全ての息を口から吐き切るという方法もありますし、おじぎをしながらみぞおちをへこますように息を吐く方法もあります。

 

呼吸法でお腹をへこます場合にも、他のダイエット方法と同様に、地道に継続して続けることが大切です。

 

いくつか呼吸法を試してみて、自分にとってやりやすい方法で継続してみてください。

浴槽に浸かることで、お腹が痩せやすくなります。

忙しくてついシャワーで済ませるという方も多いかもしれませんが、お腹痩せしたいなら、ぜひ毎日入浴するようにしてください。

 

浴槽に浸かることで、お腹が痩せやすくなります。

 

では、なぜ入浴でお腹が痩せるのかというと、代謝が良くなるからです。

 

湯船に長時間浸かっていると、汗をかきますよね。

 

汗をかくことで、体内の毒素を外に排出することができるのです。

 

毒素が溜まると、代謝が悪くなるため、脂肪がつきやすくなってしまいます。

 

特にお腹周りは脂肪がつきやすいですから、代謝が悪くなるとすぐに脂肪が目立つようになってしまうでしょう。

 

逆にいえば、代謝が良くなれば、脂肪が落ちやすいわけです。

 

ただし、いくら発汗作用を高めるためでも、長時間にわたって熱い湯に肩までつかっていたら体調を崩します。

 

お腹痩せのためには、37度くらいの「ちょっとぬるいかな」と感じるくらいのお湯に、肩までではなく下半身だけ浸かる半身浴がオススメです。

 

寒い季節には、上半身を冷やさないように肩にタオルなどをかけてください。

 

常温の水で水分補給をしながら、20分から30分くらい浸かります。

 

お湯に浸かっている時に、お腹や太もも、脚などをマッサージすれば、よりお腹痩せ効果が高まるでしょう。

お腹痩せにいいツボとして代表的なツボ

お腹痩せにいいツボとして代表的なツボを3つご紹介します。

  • 地倉(ちそう)
  • 中かん(ちゅうかん)
  • 飢点(きてん)

 

まず、地倉(ちそう)ですが、口角を上げた時に外側にできるくぼみにあるツボです。

 

このツボを刺激することで、食欲を抑えることができます。

 

食欲を抑えれば、食べ過ぎによってお腹に脂肪がついてしまうのを防げますよね。

 

中かん(ちゅうかん)は、お腹の中心から指4本くらい上にあり、このツボを刺激すると代謝が上がります。

 

つまり、脂肪を燃焼しやすくなるため、痩せやすい体になることができるでしょう。

 

飢点(きてん)は、耳の穴の前の出っ張りの付け根にあるツボで、このツボも刺激すると食欲を抑えられます。

 

どのツボもお腹痩せに効果がありますから、ぜひ刺激してみてください。

 

ツボを刺激してすぐにお腹痩せ効果を実感できるわけではありませんから、効果が感じられなくても続けることが大切です。

 

お腹のダイエットにいいツボは他にもたくさんあるので、自分にとって押しやすいツボを探してみるのもいいかもしれません。

お腹痩せにもダンベルって効果があるんでしょうか。

筋トレをする際に、ダンベルで負荷を強くする人もたくさんいますが、それは効果があるからなんですね。

 

では、お腹痩せにもダンベルって効果があるんでしょうか。

 

ダンベルを使って筋トレすると効率よく腹筋を鍛えられるので、ダンベルを使わない場合よりも短期間でお腹をへこませることができます。

 

腹筋を鍛えても他の筋肉と違って大きくならずに引き締まっていくため、ダンベルで強い負荷をかけて鍛えることで、お腹をへこませられるわけです。

 

ただし、やり方には注意が必要になります。

 

これは腹筋を鍛える時だけに限りませんが、ダンベルでの筋トレはやり方を間違えると怪我につながってしまうのです。

 

特に腹筋は、怪我をするとやっかいな腰部と隣り合わせですから、くれぐれも気をつけるようにしてください。

 

具体例として、ダンベルでの腹筋の鍛え方を一つご紹介します。

 

まず、肩幅に両足を開き、両手にダンベルを持ちましょう。

 

次に、片方の手をゴミを拾うように下方に伸ばし、もう片方の手を上に伸ばします。

 

これにより、捻られて側腹筋が鍛えられるので、くびれを作りたい人にはもってこいの方法です。

 

他にも、ダンベルを使った腹筋の鍛え方には様々な方法がありますから、好みのやり方でコツコツと腹筋を鍛えてお腹をへこませてください。

お腹痩せするためには、食事に気をつけることも大切です。

カロリーを摂り過ぎないようにして、栄養バランスのとれた食事を心がけることが、お腹ダイエットにも繋がるでしょう。

 

ダイエットの基本ではありますが、寝る前は食べないことも重要です。

 

夕食をたらふく食べて、満腹感にひたりながら寝るのって気持ちいいですが、これはいけないんですね。

 

寝る前にカロリーが残っていると吸収されて、そのまま脂肪になります。

 

ですので、お腹痩せしたいのであれば、寝る前3時間以内は何も食べないようにしてください。

 

それに、食物繊維を意識して摂ることも大切です。

 

便秘になるとお腹が膨らんで見えますし、毒素が溜まるので、代謝が落ちてしまい、お腹ダイエットの妨げになります。

 

セロリやさつまいもなどに豊富に含まれている食物繊維は、腸の働きを活発にしてくれますから、腸内環境を整えるのに役立ちます。

 

腸内環境を良くすれば、便の通りもスムーズになり、脂肪が燃焼しやすくなるでしょう。

 

お腹痩せのためには、以上のことに気をつけて食事してみてください。