1番痩せるエステは1ヶ月で必ず痩せる!絶対痩せる!

4週間のCUTEMEダイエットで最大-4.2㎏達成





EAT ME!は毎日飲むだけ!だから・・・毎日続けられる!
効果に自信があるから全額返金保証付きのEATME!
4週間のCUTEMEダイエットで最大-4.2㎏達成

飲むだけでスッキリ落ちるダイエットサポートサプリ EAT MEの詳細はコチラ 飲むだけで痩せる


低炭水化物ダイエットで効果的に痩せる方法

低炭水化物ダイエットと運動を組み合わせたら、より効果が出るのでしょうか?

 

運動をしたからといって、低炭水化物ダイエットの効果がアップすることはありません。

 

ですから、特別に運動をすることを低炭水化物ダイエットでは推奨していないのです。

 

ですが、運動をすることは、体に良いことですので、一般的に健康のためにするような運動を取り入れるのは、気分転換にも良いと思います。

 

ダイエットは食餌療法ですから、食を変えて減量や健康を増進をするという意味があります。

 

ですから、低炭水化物ダイエットをしている最中に、食事の方は完璧だからと言って、ゴロゴロと寝ているようでは良くありません。

 

適度な運動をすることは、健康にはとても良いことなので、減量の効果に変化はないと思っても多少の運動をしましょう。

 

もちろん、過度な運動も、あまり良くありませんから、運動はほどよい程度にやるようにしてください。

 

どのような人にも気軽にできる散歩程度の運動をするといいですね。

低炭水化物ダイエットとはどんなダイエット方法か?

低炭水化物ダイエットとは、どんなダイエット方法なのでしょうか?

 

低炭水化物ダイエットは、炭水化物中毒の人のためのダイエット方法です。

 

ご飯やパン、麺類などの「炭水化物」の摂取を抑えて、血糖値のコントロールをし、それにより減量や体質改善ができるというダイエット方法になります。

 

炭水化物の摂取を抑えるダイエット方法ですので、炭水化物抜きのダイエットとは違います。

 

炭水化物の量を少なくしますが、全く食べられないというわけではありません。

 

脂質やたんぱく質で、炭水化物を抜いた分のカロリーを補う必要もありますので、カロリーを極端に減らすダイエットでもないのです。

 

日本人は、炭水化物を摂りすぎている人が多いので、日本人向けのダイエットと言えそうです。

 

炭水化物は、ご飯やパン、麺類だけではありません。

 

ジャガイモ、カボチャ、トウモロコシなども炭水化物です。

 

一般的に、野菜とされている食材の中にも炭水化物は含まれていますので、きちんと知識を付けて臨むようにしましょう。

 

もちろん、糖質も炭水化物ですから、甘い物も控えてください。

低炭水化物ダイエットを続けるコツ

低炭水化物ダイエットを続けるコツ
あまり厳しくやりすぎない
毎日体重を計る

 

この二つが続けるコツだといえるでしょう。

 

あまり厳しくやり過ぎると、続きません。

 

一日炭水化物を食べ過ぎてしまったからと言って、自棄になって炭水化物をドカ食いするような事をしないで、一日一日リセットして行きましょう。

 

炭水化物を食べ過ぎた翌日に、取り戻そうとして炭水化物を抜いたりしないで、炭水化物の量を守って食事をとるようにします。

 

炭水化物が大好きな人は、炭水化物中毒の人が多いと思います。

 

少量しか食べられないことはストレスになると思いますが、炭水化物以外の好きな食べ物は食べられますので、炭水化物以外の好きな物を食べるようにして、気持ちを満足させると良いでしょう。

 

そして、どんなダイエットにも基本だと思いますが、毎日必ず体重を計ってください。

 

毎朝起きてトイレに行った後など、毎日同じ時間やタイミングに体重を計ると励みになります。

 

しかし、ちょっと増えた、全然減らない・・・などは、あまり気にせず、気長にやりましょう。

 

続けることは難しいですが、続けることこそがダイエット成功への道だと言えます。

低炭水化物ダイエットを実践して、実際に痩せた芸能人

低炭水化物ダイエットを実践して、実際に痩せた芸能人は誰でしょうか?

 

カリスマモデルの押切もえさんが、低炭水化物ダイエットを実践してスリムな体をキープしているそうです。

 

以前は、今よりもかなりぽっちゃりしていたという押切さんですが、今は理想的なスレンダー体型ですね。

 

押切もえさんのスリムな体型を見ていると、三食きっちりと食べられる低炭水化物ダイエットは、実践しやすくキープしやすいように思えます。

 

他には、青木さやかさんや青田典子さんなど、比較的年齢的にも熟女の範囲の女性も成功しているので、基礎代謝が落ちている年齢層の女性にも効果があるようです。

 

芸能人の人たちは、生活習慣が乱れがちですが、食事のルールをきっちり守っていれば、低炭水化物ダイエットは効果が出るということなのかもしれません。

 

生活のリズムが不規則な人にも、低炭水化物ダイエットはお勧めできるダイエット法と言えます。

 

どんなに生活が不規則でも、夜8時までには夕飯を食べ終えて、夜食は食べないようすれば、押切もえさんみたいなスレンダー体型も夢じゃないかもしれませんね。

低炭水化物ダイエット中は、アルコールや喫煙はダメなのか?

低炭水化物ダイエット中は、アルコールや喫煙はNGなのでしょうか?

 

アルコールに関しては、導入時には完全にNGです。

 

それ以降は、少量なら大丈夫でしょう。

 

喫煙に関しては、禁煙をしてください。

 

低炭水化物ダイエットをしているときには、アルコールも煙草も止めた方が効果が出ます。

 

ですが、どうしても・・・という場合は、アルコールはダイエット導入時の二週間が過ぎたら、糖質の少ないお酒を選んで少量をたまに飲む程度にしてください。

 

糖質ゼロなどを謳っている物が流行っていますが、表示のゼロ=入っていないではないので、気をつけてくださいね。

 

煙草に関しては、禁煙することが望ましいです。

 

喫煙すると、血液中のインシュリン濃度が上昇します。

 

したがって、低炭水化物ダイエットの妨げにもなります。

 

ダイエットだけではなく、健康面から見ても良くありませんので、完全禁煙をしてください。

 

お酒はほんの少量、煙草は禁煙をするようにして、健康的な生活を送りながらダイエットを進めましょう。

低炭水化物ダイエットのリバウンドについて

低炭水化物ダイエットは、リバウンドすることもあるのでしょうか?

 

リバウンドは、低炭水化物ダイエットでも起こりがちだといわれています。

 

しかし、炭水化物を抜くわけではありませんので、リバウンドしづらいでしょう。

 

どんなダイエット方法でも、急激に元の乱れた食生活に戻してしまっては、リバウンドしてしまいます。

 

低炭水化物ダイエットを続けて、目標体重を達成しても、元の食事に戻さないようにすることが大事です。

 

せっかく低炭水化物の食事を続けていたのに、また炭水化物中心の食事に戻してしまっては、元の黙阿弥です。

 

どのようなダイエットでも、一番大切な事は続けることですし、それが一番難しいことだとも言えます。

 

たまには好きな物も食べつつ、ゆるい調子で低炭水化物の食事を続けるようにしましょう。

 

低炭水化物ダイエットは、炭水化物抜きのダイエットとは違いますので、工夫すれば好きな物や甘い物も食べられます。

 

上手に食事と精神のコントロールをして、楽しくダイエットをすることが大切だと思います。

 

毎日体重計に乗って、体重を把握して、リバウンドしないようにしましょう。

低炭水化物ダイエットの危険性について

低炭水化物ダイエットは、実は危険ということもあるのでしょうか?

 

低炭水化物ダイエットを続けると、発がんのリスクが高まるというような噂が広まっておりますが、その噂には根拠がありません。

 

噂だけが独り歩きをしているような状態にあります。

 

低炭水化物ダイエットは、発がんリスクのあるインスリン分泌が少なく抑えられるので、減量が出来るというダイエットです。

 

食事をした後の血糖の急上昇は、発がんリスクがあるとされていますが、炭水化物を制限しているとそれも低く抑えられます。

 

ダイエットをする際は、いろいろな情報を見聞きして、自分に合ったダイエット方法を選ぶ人が多いと思います。

 

低炭水化物ダイエットは、炭水化物中毒に陥っている人向けのダイエットです。

 

中毒になっているのかどうかをきちんと把握してから、ダイエットに望むようにしましょう。

 

危険ということはありませんので、きちんとルールを守って地道に続けるようにしてください。

 

信じて続けることが、ダイエット成功への近道だと思います。

低炭水化物ダイエットと低インシュリンダイエットの違い

低炭水化物ダイエットと低インシュリンダイエットは、同じダイエット方法なのでしょうか?

 

混同されがちですが、違うダイエット方法です。

 

低炭水化物ダイエットは、炭水化物の摂取量を抑えるのに対して、低インシュリンダイエットは、インシュリンの上昇値(GI値)の低い食物を摂取することでダイエットします。

 

どちらも、インシュリンが上昇しないようにするという意味では同じです。

 

でも、低インシュリンダイエットでは炭水化物でもGI値の低いパスタはOKなのに対し、低炭水化物ダイエットでは、炭水化物であるパスタは食べる量がかなり抑えられてしまいます。

 

このように、同じ物でも食べられる量が違ってきます。

 

低インシュリンダイエットは、GI値が高い食べ物は避けるという考え方なので、低炭水化物ダイエットともよく似ており、同じとしている人もいるようです。

 

ですが、上に記したように、違うダイエットですから、区別する必要があります。

 

低インシュリンダイエットは、GI値表などでどの食物が上昇率が高いかを調べながらダイエットをする必要がありますが、低炭水化物ダイエットよりも炭水化物を摂れるという利点もあるのです。

 

ただし、GI値の高いご飯やパンは、あまり食べられない物となるので、ご飯を少しでも食べたいという人には、低炭水化物ダイエットの方が良いと思います。

 

ちなみに、歴史的には、低炭水化物ダイエットの方が後発です。